アップル、Macworldで「iPhone nano」を発表とのうわさ

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年12月16日 06時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Macworld Conference & Expoの開催まで1カ月を切ったところで、おなじみのうわさ話が各所で聞かれ始めた。

 とりわけAppleをめぐって絶えないうわさの中でも、「iPhone nano」が発表される可能性について、再び取り上げられるようになっており、今回は「iDealsChina」と呼ばれるウェブサイトからの情報である。iDealsChinaは、Apple製品のアクセサリメーカーであるXSKNが、「iPhone 3G」よりも小さくて薄い、新バージョンのiPhone向けケースの開発を進めており、うわさのiPhone nanoが、2009年1月に開催されるMacworldで正式発表される予定であると伝えている。

 しかしながら、MacRumors.comは、Appleをめぐるうわさに疑問を呈し、これまでもiDealsChinaが、Appleの動向分析においては「玉石混交の実績を上げてきた」という点に言及している。iDealsChinaは、確かにiPhone 3G向けのケースデザインの写真を事前に伝えたことがあるものの、第2世代の「iPod touch」に関しては、GPSを標準搭載するとの誤った予測を流していた。

 iPhone nanoをめぐるうわさは、古くは初代iPhoneの発表時にも出回っており、ある金融アナリストは、2007年末のホリデーシーズンに合わせて、Appleが省サイズ化を実現した薄型バージョンのiPhoneをリリースすることになるとの予測を出していた。だが、このうわさは明らかに実現することはなかった。2008年夏にも、iPhone nanoに関するうわさが流れており、最近では、Wal-Martが99ドルにて、4GバイトモデルのiPhone発売に踏み切るのではないかとのうわさが熱を帯びるようになっていた。

「iPhone nano」向けの新ケース画像 提供:iDealsChina

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加