logo

フォトレポート:マウス登場から40年--歴史的デモを振り返る - 14/19

文:Scott Ard(Special to CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2008年12月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 インターネットの前身であるARPAnetと呼ばれる、互いに離れた場所にあるコンピュータ同士をネットワーク化するプロジェクトを思いつき、開始したのはBob Taylor氏だった。Taylor氏は12月9日に行われたイベントで、1960年代のコンピュータにはターミナルが1つだけで、それぞれ独自の言語を使っていたことを説明した。「これがばかげた話であることは誰にでも分かるはずだ」。Taylor氏は思い出しながらそう言った。そのため同氏は、ネットワークを介して多数のコンピュータにアクセスできる1つのターミナルを提案したのである。Taylor氏によれば多くの人が「懐疑的」だったが、Doug Engelbart氏だけは違っていた。

 インターネットの前身であるARPAnetと呼ばれる、互いに離れた場所にあるコンピュータ同士をネットワーク化するプロジェクトを思いつき、開始したのはBob Taylor氏だった。Taylor氏は12月9日に行われたイベントで、1960年代のコンピュータにはターミナルが1つだけで、それぞれ独自の言語を使っていたことを説明した。「これがばかげた話であることは誰にでも分かるはずだ」。Taylor氏は思い出しながらそう言った。そのため同氏は、ネットワークを介して多数のコンピュータにアクセスできる1つのターミナルを提案したのである。Taylor氏によれば多くの人が「懐疑的」だったが、Doug Engelbart氏だけは違っていた。

提供:Scott Ard/CNET Networks

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]