アップル、米国版iTunesでのiPhoneアプリ年間ランキングを発表

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年12月03日 12時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2008年にApp Storeでダウンロードされたアプリケーションの上位リストを見ると、「iPhone」や「iPod touch」のユーザーがエンターテインメントを求めていることは明らかだ。

 Appleは毎年この時期に、その年に米国版「iTunes」で最もダウンロードされた楽曲およびビデオを発表する。2008年は特に、App Storeの最初の年ということで大変興味深い。有料アプリ部門の上位10本のうち6本はゲームで、その中にはAppleの「Texas Hold-Em」や、大々的に宣伝されたセガの「Super Monkey Ball」などが含まれている。しかし、2008年に最も売れたiPhoneおよびiPod touch向け有料アプリは、魅惑的な仮想水槽「Koi Pond」だった。

 また無料アプリ部門では、「Pandora Radio」が首位に立ち、以下、FacebookのiPhoneアプリ、Tapulousの「Tap Tap Revenge」と続いた。これらの他に、2つの部門のどちらかでトップ10に入った興味深いアプリとしては、「iBeer」(有料)と「Lightsaber Unleashed」(無料)の2本が挙げられる。

 Appleは、アプリケーションの上位リストをエンターテインメント、実用、ソーシャルネットワーキング、音楽など、米国版iTunes Store上のいくつかのカテゴリに分類している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加