シャープと日亜化学、LEDと半導体レーザーでクロスライセンス契約

加納恵(編集部)2008年11月21日 20時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープと日亜化学工業は11月21日、LEDと半導体レーザーに関するクロスライセンス契約を締結したと発表した。これにより両社が所有するLEDと半導体レーザーの特許を、互いに利用できるようになるという。

 シャープは、1968年にLEDの開発に着手し、1970年から量産を開始している。半導体レーザーに関しては、1982年、業界に先駆けてCD用の赤外半導体レーザーの量産をスタート。さらに2008年2月からは業界最高水準となる250mWパルス出力青紫色高出力半導体レーザーの量産に成功している。

 一方日亜化学工業は、1993年に高光度青色LEDの開発に成功。以降1996年には白色LEDの開発、量産をスタート。半導体レーザー分野では、1995年に世界で初めて青紫色(410nm)窒化物半導体レーザーの室温パルス発振に成功している。

 両社では、クロスライセンス契約の締結により「さらに高性能なLEDや半導体レーザーの創出を図り、急拡大する市場のニーズに応えていく」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加