logo

アップル、次期Mac OS X「Snow Leopard」を2009年初めにも発売か

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、長谷睦2008年11月20日 09時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「Mac OS X 10.6(開発コード名:Snow Leopard)」が、当初の予定をやや前倒しし、2009年の早い時期にリリースされる可能性があることがわかった。

 AppleでUNIXテクノロジのエンジニアリング担当ディレクターを務めるJordan Hubbard氏は米国時間11月14日、サンディエゴで開催されたカンファレンス「Large Installation System Administration Conference」(LISA 08)でプレゼンテーションを行ったが、その時に使われたスライドの1枚に、Snow Leopardが2009年の第1四半期にリリースされる見込みだとする記述があった。

 Snow Leopardはマルチコアプロセッサに最適化されるほか、「QuickTime X」を搭載し、「Microsoft Exchange Server 2007」も標準でサポートする予定だ。

 Appleは、6月9日にSnow Leopardのプレビュー版を公開したが、その時点では、Snow Leopardについて「約1年後の出荷を予定している」と述べていた。

 しかし、Hubbard氏が14日にLISA 08でのプレゼンテーションで用いたスライド(PDFファイル)は、Snow Leopardのリリースが2009年第1四半期になるとの見込みを示していたと、MacRumors.comが18日遅くに報道している。

 このプレゼンテーションによって、Snow Leopardがサンフランシスコで2009年1月5日から開催される「MacWorld 2009」で正式発表されるのではないかとの憶測が生まれている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集