logo

同じサイトの閲覧者同士でコミュニケーションできる 「ウェブリン」、日本語版を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルティングドッツは11月17日、同じウェブサイトを閲覧しているユーザー同士がコミュニケーションできる、ブラウザ表示型のアバターサービス「ウェブリン」の日本語版サービスを開始した。

 ウェブリンとは、ブラウザで同一サイトを閲覧しているユーザー同士が会話できるサービスだ。同社サイトよりソフトをダウンロードすることで、ユーザーは自分がアクセスしているウェブサイト上にアバターを表示し、コミュニケーションをとることができる。

 ウェブリンでは、ウェブページ上でのチャットのほか、アバターの作成や友人登録といった機能を利用できる。また、スクリーンショットを自動で撮影して、ブログやTwitter、ソーシャルブックマークサービスなどに、投稿することもできる。

画面下部に表示されているのが「ウェブリン」のアバター 画面下部に表示されているのが「ウェブリン」のアバター※クリックすると拡大します

-PR-企画特集