グーグル、音声で検索可能な「iPhone」アプリをまもなく発表へ

文:Josh Lowensohn(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年11月14日 18時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間11月14日、「iPhone」向けのモバイル検索アプリケーションのバージョン2をリリースする見込みだ。新しいバージョンでは、古いバージョンと同じように、「Safari」ウェブブラウザのモバイル版を開かずにGoogleで検索したり、連絡先を探したり、現在位置から検索結果を絞り込んだりすることができる。大きな変更点は、キーボードをまったく使わずに検索可能な音声検索が追加されたことだ。

 Googleは、音声とキーボード入力を実に巧みに区別している。iPhoneの加速度センサーと近接センサーを使って、利用者が携帯電話を口元に持っていったことを判別できる。後は声を出すだけで、ユーザーの音声が処理されて検索クエリに変換される。これにはGoogleのGOOG-411番号案内サービスと同様に、推測変換も含まれる。音声検索はウェブ検索と連絡先の両方に対応しており、連絡先の音声検索アプリケーションとしても機能する。ただし、検索された番号にダイヤルするには、番号をクリックする必要がある。

 注目すべきは、音声検索ツールではすでに数社がGoogleより先んじているということだ。Excuse Me Servicesには、「Say Who」と「Say Where」の2つのアプリケーションがあり、音声だけを使って、連絡先に電話をかけたり、ローカルウェブサービスを検索したりすることができる。Say Whereは特に、音声検索で経路、ガソリンスタンド、レストラン、交通地図を見つけることができる点で、もう1つのアプリケーションよりもおもしろい。

 また、10日の午前中には、ライバルのYahooが「Yahoo OneSearch」製品の音声対応を発表した。ただし、OneSearchでは、内蔵のテクノロジを使う代わりに「Vlingo」を使って音声認識と処理を行う。

 Googleの最新の音声対応版アプリケーションは、今後数カ月のうちに、「Android」「Blackberry」携帯電話でも利用できるようになる。すでにこのアプリケーションをインストールしているiPhoneユーザーは、App Storeのアップデートタブで最新版を確認できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加