logo

グーグルCEOのシュミット氏、「米国政府最初のCTO」に関心なし

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉2008年11月10日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏は、米国最初の「最高技術責任者(CTO)」に就任する意向がないことを明らかにした。

 Schmidt氏は米国時間11月7日、CNBCの「Mad Money with Jim Cramer」に出演し、司会のJim Cramer氏からこの問題に関して質問を受けたとき、「私はGoogleで働くことが大好きだし、Googleにとどまることが何よりの幸せだ。したがって、答えはノーだ」と答えた。

 同氏は次期米国大統領Barack Obama氏の選挙運動に協力し、技術とエネルギーの問題に関して、Obama氏の陣営に助言を与えてきた。また、17名からなるObama氏の政権移行経済顧問委員会の一員でもある。

 CNET NewsのDeclan McCullaghが述べているとおり、これは簡単に引き受けられる職務ではない。

 Obama氏はCTOに対し、「政府およびすべての省庁において、21世紀にふさわしいインフラ、ポリシー、およびサービスを備えさせる」ことを望んでいる。加えて、「.gov」ドメインのコンピュータネットワークにおけるセキュリティの確保も求めている。一個人が背負い込むには途方もない職務だ。

 さて、Schmidt氏が引き受けないとなると、ほかの誰が適任だろうか? 候補者として、インターネットのパイオニアであるVint Cerf氏の名が挙がっている。Googleのチーフインターネットエバンジェリストを務める同氏は、主にネット中立性に関する立場から、Obama氏支持を表明した。しかし、自分の上司であるSchmidt氏が辞退したというのに、Cerf氏が快くこの職務を引き受けるだろうか?

 候補者にはほかに、米連邦通信委員会の元委員長Reed Hundt氏の名も挙がっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集