logo

フォトレポート:東京デザイナーズウィークで見つけた気になるデザインプロダクツ

加納恵(編集部)2008年11月04日 20時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 10月31日から11月3日まで、東京神宮外苑を中心に開催されていた「東京デザイナーズウィーク2008」。インテリアをはじめとする生活の中にあるデザインが集う「100%design」のほか、フリーランスデザイナーのデザイン作品が展示される「100%prototype」など各ブースには国内外のデザインプロダクト集結した。その中から気になるデザイングッズを紹介する。

 東芝の液晶テレビ「REGZA」は、「REGZA BAR」として会場内にバースペースを提供。スリムでカラフルなベゼルを採用した「FH7000」シリーズを多数展示していたほか、「壁掛けREGZA」などのデザインプロトタイプも出展していた。カフェのデザインはイギリスのプロダクトデザイナー、マイケル・ヤング氏が担当した。
 
Scroll Right Scroll Left

 10月31日から11月3日まで、東京神宮外苑を中心に開催されていた「東京デザイナーズウィーク2008」。インテリアをはじめとする生活の中にあるデザインが集う「100%design」のほか、フリーランスデザイナーのデザイン作品が展示される「100%prototype」など各ブースには国内外のデザインプロダクト集結した。その中から気になるデザイングッズを紹介する。

 東芝の液晶テレビ「REGZA」は、「REGZA BAR」として会場内にバースペースを提供。スリムでカラフルなベゼルを採用した「FH7000」シリーズを多数展示していたほか、「壁掛けREGZA」などのデザインプロトタイプも出展していた。カフェのデザインはイギリスのプロダクトデザイナー、マイケル・ヤング氏が担当した。
 

 10月31日から11月3日まで、東京神宮外苑を中心に開催されていた「東京デザイナーズウィーク2008」。インテリアをはじめとする生活の中にあるデザインが集う「100%design」のほか、フリーランスデザイナーのデザイン作品が展示される「100%prototype」など各ブースには国内外のデザインプロダクト集結した。その中から気になるデザイングッズを紹介する。  東芝の液晶テレビ「REGZA」は、「REGZA BAR」として会場内にバースペースを提供。スリムでカラフルなベゼルを採用した「FH7000」シリーズを多数展示していたほか、「壁掛けREGZA」などのデザインプロトタイプも出展していた。カフェのデザインはイギリスのプロダクトデザイナー、マイケル・ヤング氏が担当した。  

-PR-企画特集