logo

「SNSのリアル版」--マンション内で交流を持てる「ソーシャルアパートメント」

原田和英(アルカーナ)2008年11月04日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ソーシャルアパートメント」というものをご存じだろうか。グローバルエージェンツが展開する事業で、「ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のリアル版」とも呼ばれているマンション形態のことだ。

 マンション内にキッチンやラウンジなどの共有スペースを設け、住民同士で交流を持てる仕組みとなっている。住人専用のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を実際に導入するケースもあるということだ。

 バックパッカーなどにはなじみ深い「ドミトリー(相部屋)」のマンション版だと思えばわかりやすいだろうか。あるいはシェアハウスというトレンドにも近いものがある。時代の風潮に合っているのか、私の友人や知人からも、そのような形態で住んでいるという話を聞く。

-PR-企画特集