ハイテク企業のCEOら、「YouTube」で大統領選投票を呼びかけ

文:Stephanie Condon(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年10月30日 16時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハイテク企業の最高経営責任者(CEO)やビジネスリーダーらが従業員たちに対し、米国の大統領選挙日である11月4日は仕事の手を1時間休めて選挙に行くよう、「YouTube」で呼びかけている。

 Googleが開始した「VoteHour.org」に約40秒の動画クリップを提供しているのは、eBayのCEO(John Donahoe氏)、IntelのCEO(Paul Otellini氏)、Seagate TechnologyのCEO(Bill Watkins氏)、Sprint NextelのCEO(Dan Hesse氏)ら。他の業種からは、BordersのCEO(George Jones氏)、CintasのCEO(Scott Farmer氏)らが同じような動画を寄せている。同サイトにはまた、数十人の企業幹部が書面にて「選挙時間(vote hour)」を支援している。

 米国の国勢調査によると、2004年の大統領選で投票に行かなかった選挙投票登録者の20%が、投票に行かなかった理由として忙しさを理由に挙げたという。VoteHour.orgはこの調査結果を受けてスタートしたキャンペーンだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加