logo

「Windows Azure」の意味--R・オジー氏が展望するクラウドの世界 - (page 3)

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008年10月31日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 われわれが目にしてきたのは、クラウドに気付き、短期間で活用した大企業の事業部門が、場合によってはやめてしまうということです。彼らはクラウドを試します。しかし、戦略的なエンタープライズアプリケーションに関しては、もう少し時間がかかるかもしれません。

--Azureでは、企業のコストが自社のデータセンターの運営からMicrosoftが提供するスケールの活用に移行しますが、クラウドあってこそのアプリケーションのタイプも考えられると思います。

Ozzie氏:まさにおっしゃる通りです。

--今日は、Azureのアプリケーションのほんの一例しか拝見できませんでしたが、ほかにはどのようなことが可能ですか。Microsoftでは、Azureでのみ可能な何かをすでに行っていますか。

Ozzie氏:Web 2.0の時代に出現したもののいくつかのメリットには、サイトにアクセスしている多くの人たちの活動を1つにまとめ、活用することで実現できることがあると思います。このようなことは、将来、今まで以上に幅広くエンタープライズなどの利用者によって行われるようになるでしょう。今はそれほど主流ではありません。Amazonはこのような技術の活用の第一人者ですが、大半については、今日のウェブサイトでのエクスペリエンスのほとんどは非常に単一的です。短期的には、主にインフラ的(な導入)になると思います。

--では、Microsoftにとって、このビジネスはどのように形作られるのでしょうか。開発者のプレビュー中は無料ですが、ビジネスについてはどうですか。いつ、Microsoftにとってのビジネスになるのでしょうか。また、Microsoftのほかの既存のビジネスと比べるとどうでしょうか。

Ozzie氏:そうですね、顧客がわれわれに期待する完成度と信頼性の面で目標を達成したと最終的に判断したとき、ビジネスを本格化することになるでしょう。そして、そのときは、最初から利益を得ることができます。われわれはそうなるように価格を設定するつもりです。

 画面でご覧になったように、土台、中間のサービス、最上部を何層も重なったケーキに例えれば、層の上に行けば行くほど、利幅が増えます。層の最上部にあるのは、ソリューションであり、価値に応じた価格設定です。底にあるのは、多かれ少なかれリソースの活用であり、リソースの活用、SLAとの組み合わせの上に利幅があります。

--一般の人、開発者ではない普通のコンピュータ好きの人は、本日の発表をどのようにとらえるべきですか。

Ozzie氏:Azureは新しいコンピュータであり、20年後には、Azureがなかった昔はどうしていたのだろうと思うようになるでしょう。われわれはPCを熟知しており、サーバを熟知しています。現在、各社はそれぞれ自社のウェブサイトを運営しており、人気が出過ぎたらどうなるか常に不安を感じています。そのため、ウェブサイトを運営している人たちの保護は度を超しています。われわれにウェブサイトの一部の運営を任せること、あるいはわれわれのインフラストラクチャで運営することにより、容量について心配する必要がなくなり、サイトで何を試すかだけを気にすればよくなります。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]