logo

Macでも使えるauの定額データ通信カード「W06K」、11月下旬に発売

永井美智子(編集部)2008年10月27日 16時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは11月下旬より、上り最大1.8Mbps、下り最大3.1Mbpsの高速データ通信が可能なExpressCardスロット対応のWINデータ通信カード端末「W06K」を発売する。

 Windowsに加え、Mac OSにも対応した点が特徴。トラフィック制御機能を備え、周囲の回線が混雑している状況で大容量のデータ送受信をした場合は、自動的に通信速度が制御される。その代わりに、月額の利用料金が定額で5985円(シンプルコース選択時)となる「WINシングル定額」が利用可能だ。

W06K Mac OSにも対応するWINデータ通信カード端末「W06K」

-PR-企画特集