logo

デノン、アナログレコードをデジタル化できるフルオートプレーヤー「DP-200USB」

エースラッシュ2008年10月17日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デノンコンシューマーマーケティングは10月17日、アナログレコードの楽曲をUSBメモリにダイレクト保存できるフルオートプレーヤーシステム「DP-200USB」を発表した。11月上旬から発売する。

 DP-200USBは、アナログレコードを再生しながら音声をデジタルファイルに変換し、USBメモリへダイレクト保存できるフルオートプレーヤーシステムだ。ターンテーブルには安定した回転を実現するアルミダイカストを採用。30cm、17cmのレコードサイズを選択すれば自動的にアームが移動してレコードを再生し、再生終了後はアームが元に戻るフルオートシステムとなっている。

 レコードの無録音部分を検知し自動的にトラック番号を記録したり、楽曲情報をCDDBから取得できたりするソフトウェア「Trans Music Manager」も付属する。

 カラーバリエーションはブラックとプレミアムシルバーの2種類を用意。価格は3万1500円となっている。

フルオートプレーヤーシステム「DP-200USB」 フルオートプレーヤーシステム「DP-200USB」
ブラックとプレミアムシルバー

-PR-企画特集