インテル、NetEffectを800万ドルで買収

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年10月16日 07時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、イーサネット製品およびサーバコンピューティングクラスタ向け技術が専門となるNetEffectの買収を、正式に発表した。

 このほどIntelは、800万ドルを注ぎ込んで、NetEffectのイーサネット製品ポートフォリオ、知的財産、技術資産を含む保有資産を買収した。

 NetEffectは、InfiniBandに代わるイーサネット技術となる、「iWARP」を採用したソリューションを提供している。NetEffectの製品ポートフォリオには、サーバやブレードコンフィギュレーション向けの、1Gigabit Ethernet(GbE)および10GbEアダプタや、10GbE Application Specific Integrated Circuits(ASICs)が含まれている。

 IntelのLAN Access DivisionゼネラルマネージャーとなるTom Swinford氏は「データ通信ソリューションプロバイダーとしてのNetEffectの役割は、(中略)Intelが現在、イーサネットで取り組んでいる分野を強化するものとなる」との声明を発表した。

 Swinford氏は、NetEffectのテクノロジが、サーバ仮想化、ネットワークとストレージトラフィックのコンバージェンス、サーバコンピューティングクラスタを含む、Intelの既存の10GbE事業に貢献するとの見解を明らかにしている。

 マルチコアプロセッサベースのサーバ向けに設計され、仮想化技術向けに最適化された、Intelの現在の10GbEサーバアダプタポートフォリオには、銅線およびファイバ環境に両対応する、シングルまたデュアルポートバージョンが含まれている。NetEffectの買収により、Intelのイーサネットポートフォリオを補完する、High Performance Network Interface Card(NIC)製品が提供されることになる。

 NetEffectは、「Banderacom」の社名で、InfiniBandアダプタおよび16ポートのIBスイッチに特化した企業として、1998年に設立されており、2004年にNetEffectとして資本構成が変更された。主にエンジニアから成る30名の従業員は、NetEffectからIntelの開発チームへと加わり、引き続きテキサス州オースティンを拠点とする予定である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加