フォトレポート:自動車の未来を垣間見る--2008年パリモーターショーのコンセプトカー

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:ラテックス・インターナショナル2008年10月10日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 モーターショーの楽しみのひとつはコンセプトカーであり、自動車メーカーは来場者の反応を確かめるために研究モデルを披露する。2008年パリモーターショーでは、小型で環境に優しいシティーカーから高性能なスーパーカーまで、ありとあらゆるコンセプトカーを見ることができた。コンセプトカーの一部はデザイナーの漠然としたアイデアにすぎないが、すでに量産が予定されているものもある。それでは、自動車の未来を見てみよう。

 「Hypnos」はCitroenが設計した環境に優しいクロスオーバー車だ。Hypnosでは、フロントの2000ccディーゼルエンジンとリアアクスルの電気モーターで構成されるハイブリッドシステムである、Citroenの「HYmotion4」が使われている。このシステムにより、電力だけで2マイル(約3.2km)走行できる。燃費は1ガロン当たり52マイル(1リットル当たり約22.1km)だ。

 モーターショーの楽しみのひとつはコンセプトカーであり、自動車メーカーは来場者の反応を確かめるために研究モデルを披露する。2008年パリモーターショーでは、小型で環境に優しいシティーカーから高性能なスーパーカーまで、ありとあらゆるコンセプトカーを見ることができた。コンセプトカーの一部はデザイナーの漠然としたアイデアにすぎないが、すでに量産が予定されているものもある。それでは、自動車の未来を見てみよう。

 「Hypnos」はCitroenが設計した環境に優しいクロスオーバー車だ。Hypnosでは、フロントの2000ccディーゼルエンジンとリアアクスルの電気モーターで構成されるハイブリッドシステムである、Citroenの「HYmotion4」が使われている。このシステムにより、電力だけで2マイル(約3.2km)走行できる。燃費は1ガロン当たり52マイル(1リットル当たり約22.1km)だ。

提供:CBS Interactive

 モーターショーの楽しみのひとつはコンセプトカーであり、自動車メーカーは来場者の反応を確かめるために研究モデルを披露する。2008年パリモーターショーでは、小型で環境に優しいシティーカーから高性能なスーパーカーまで、ありとあらゆるコンセプトカーを見ることができた。コンセプトカーの一部はデザイナーの漠然としたアイデアにすぎないが、すでに量産が予定されているものもある。それでは、自動車の未来を見てみよう。  「Hypnos」はCitroenが設計した環境に優しいクロスオーバー車だ。Hypnosでは、フロントの2000ccディーゼルエンジンとリアアクスルの電気モーターで構成されるハイブリッドシステムである、Citroenの「HYmotion4」が使われている。このシステムにより、電力だけで2マイル(約3.2km)走行できる。燃費は1ガロン当たり52マイル(1リットル当たり約22.1km)だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加