logo

フォトレポート:[CEATEC JAPAN]ジェスチャー操作、ワイヤレスHDで垣間見えた未来 - 7/12

加納恵(編集部)2008年10月02日 11時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3D映像もCEATEC JAPAN 2008のトレンドの1つだった。こちらはビクターブースの「リアルタイム2D/3D変換技術」。従来の2Dコンテンツにリアルタイム信号処理することで擬似的な3D映像に変換する。ビクターでは3Dコンテンツ不足を解消する技術としている。3D映像として見るには、専用メガネが必要となる。
Scroll Right Scroll Left

3D映像もCEATEC JAPAN 2008のトレンドの1つだった。こちらはビクターブースの「リアルタイム2D/3D変換技術」。従来の2Dコンテンツにリアルタイム信号処理することで擬似的な3D映像に変換する。ビクターでは3Dコンテンツ不足を解消する技術としている。3D映像として見るには、専用メガネが必要となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]