フォトレポート:[CEATEC JAPAN]画質と薄さ、未来のテレビの全容

加納恵(編集部)2008年10月01日 16時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9月30日から10月4日まで千葉、幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2008」。IT、エレクトロニクスの総合展として最新のデジタル機器が一堂に展示されているが、その中でも薄さ、画質、新提案と注目製品の多かったテレビカテゴリーを紹介する。

開催初日に発表されたシャープの液晶テレビ「AQUOS」の新機種「LC-65XS1」(店頭想定価格:128万円前後)、「LC-52XS1」(店頭想定価格98万円前後)。100万対1のメガコントラストに、最薄部2.28cmのスリムボディ。コントラスト比と薄さという2つ条件を兼ね備えた最新鋭機だ。

9月30日から10月4日まで千葉、幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2008」。IT、エレクトロニクスの総合展として最新のデジタル機器が一堂に展示されているが、その中でも薄さ、画質、新提案と注目製品の多かったテレビカテゴリーを紹介する。

開催初日に発表されたシャープの液晶テレビ「AQUOS」の新機種「LC-65XS1」(店頭想定価格:128万円前後)、「LC-52XS1」(店頭想定価格98万円前後)。100万対1のメガコントラストに、最薄部2.28cmのスリムボディ。コントラスト比と薄さという2つ条件を兼ね備えた最新鋭機だ。

9月30日から10月4日まで千葉、幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2008」。IT、エレクトロニクスの総合展として最新のデジタル機器が一堂に展示されているが、その中でも薄さ、画質、新提案と注目製品の多かったテレビカテゴリーを紹介する。 開催初日に発表されたシャープの液晶テレビ「AQUOS」の新機種「LC-65XS1」(店頭想定価格:128万円前後)、「LC-52XS1」(店頭想定価格98万円前後)。100万対1のメガコントラストに、最薄部2.28cmのスリムボディ。コントラスト比と薄さという2つ条件を兼ね備えた最新鋭機だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加