富士フイルム、裸眼で立体映像を楽しめる3Dデジタル映像システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルム(古森重隆社長)は9月24日、立体映像の撮影・再生・プリントを可能にする3Dデジタル映像システム「FUJIFILM FinePix Real 3D System」を開発したと発表した。

 「FUJIFILM FinePix Real 3D System」は、特殊な眼鏡をかけなくても裸眼で立体映像を楽しめる3Dデジタル映像システム。このシステムにより、「3Dデジタルカメラ」「3Dデジタルフォトフレーム」「3Dプリント」の開発が実現する。09年中での製品化を目指す。

 「3Dデジタルカメラ」は、 3Dの静止画や動画を撮影できる世界初のデジタルカメラ。画像処理プロセッサー「リアルフォトエンジン3D」によって、2つのレンズと2つのCCDに取り込まれた撮影情報を同期し、瞬時に3D画像の合成ができる。また、高解像度・高精細フジノンレンズを2基搭載した「リアル 3Dレンズシステム」は、左右の画角を高精度に位置合わせすることで、高画質な3D映像を得ることが可能。撮影した映像は、カメラの背面の液晶モニターや「3Dデジタルフォトフレーム」で立体映像として再生できる。また、通常の2D映像の撮影・再生にも対応する。

 3D映像の再生を可能にする「3D液晶モニターシステム」は、3D液晶パネルと、左右の目に入る光を最適制御する「Light Direction Control System」により、自然な立体感で3D映像を楽しめる。画面のチラつきや解像度の劣化も同時に低減。3D液晶パネルはデジタルカメラに搭載する約23万画素の2.8インチサイズと、「3Dデジタルフォトフレーム」用の約92万画素で8.4インチの2サイズを開発した。

 さらに、3D撮影した映像をプリントできる「高解像度3Dプリントシステム」を開発。高解像度でにじみのないプリントと、高精度のレンチキュラーシートを一体化することにより、立体映像のプリントを可能にする。

富士フイルム=http://fujifilm.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加