logo

東芝、SDカードを利用した店頭動画配信サービスに参画--米MODに追加出資

エースラッシュ2008年09月25日 19時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は9月25日、SDカードを利用した動画配信サービスへの参画を図るべく、米MOD Systems(以下、MOD)に対して2000万米ドルを追加出資すると発表した。

 MODは、米国において店頭でのコンテンツ配信事業を展開している企業だ。東芝ではSDカードを利用した動画配信サービスへの参画を図るべく、今回MODに対して2000万米ドルの追加出資を決定した。同社では2007年に400万米ドルを出資しており、投資額合計は2400万米ドルとなる。

 東芝は、SDカードを利用した動画配信サービスの開始に合わせ、テレビで視聴するための再生機器やモバイル再生機器、コンテンツの記録メディアとなる大容量SDカードの開発および販売を強化することでサービスに参画する。

 MODでは、すでに店頭端末を利用した音楽配信サービスを展開しており、映画、ドラマといった動画コンテンツを配信する新サービスを2009年春に開始する予定だという。

 MODは配信コンテンツについて、ハリウッドの大手映画スタジオをはじめとするコンテンツ会社から約4000作品の許諾を受けており、今後はコンテンツ数の拡大とハイビジョン画質での配信対応も推進していくとのこと。なお、コンテンツの配信システムおよび店頭端末の販売は、セルフサービスソリューション事業を手がける米NCR CorporationがMODの販売チャンネルを通じて推進していく予定だ。

説明 東芝が9月18日に開催した「映像事業 新戦略・新商品説明会」で展示された「店頭型コンテンツダウンローディング」の参考展示

-PR-企画特集