logo

フォトレポート:米空軍「ハリケーンハンター」--気象観測機で嵐の中心に迫る - 3/12

文:Jonathan Skillings(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年09月29日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 WC-130Jのコックピットから、パイロットはハリケーン「アイク」の目の雲の壁を見ることができる。WC-130Jはただハリケーンの上空を飛行するだけではない。3時間ごとに「目」の中に突入するのだ。乗組員はこの数週間、ハリケーン「グスタフ」と「ハンナ」のためにほとんど休む暇もなかった。
Scroll Right Scroll Left

 WC-130Jのコックピットから、パイロットはハリケーン「アイク」の目の雲の壁を見ることができる。WC-130Jはただハリケーンの上空を飛行するだけではない。3時間ごとに「目」の中に突入するのだ。乗組員はこの数週間、ハリケーン「グスタフ」と「ハンナ」のためにほとんど休む暇もなかった。

提供:U.S. Air Force Photo by Major Chad E. Gibson

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]