logo

フォトレポート:米空軍「ハリケーンハンター」--気象観測機で嵐の中心に迫る - 6/12

文:Jonathan Skillings(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年09月29日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ハリケーンハンターの部隊では10機のWC-130Jが使用されているが、2007年からWC-130Jに「ステップ周波数マイクロ波放射計(Stepped-Frequency Microwave Radiometer:SFMR)」という装置が搭載された。この装置は「smurf」とも呼ばれ、海面の風速と暴風圏内の降水率を計測する。SFMRは、風によって海面にできた泡から放出されるマイクロ波放射を探知し、その放射レベルから風速を計算する。
Scroll Right Scroll Left

 ハリケーンハンターの部隊では10機のWC-130Jが使用されているが、2007年からWC-130Jに「ステップ周波数マイクロ波放射計(Stepped-Frequency Microwave Radiometer:SFMR)」という装置が搭載された。この装置は「smurf」とも呼ばれ、海面の風速と暴風圏内の降水率を計測する。SFMRは、風によって海面にできた泡から放出されるマイクロ波放射を探知し、その放射レベルから風速を計算する。

提供:Lockheed Martin, via U.S. Air Force

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]