logo

Android搭載の携帯電話「T-Mobile G1」が正式発表--「Android Market」もオープン

文:Nicole Lee(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年09月24日 07時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 T-MobileおよびGoogleは、Googleの新OS「Android」を搭載する初の携帯電話を、正式に発表した。「T-Mobile G1」という正式名称の携帯電話には、フルサイズのタッチスクリーン機能、QWERTY配列のキーボード、片手でナビゲーション可能なトラックボールが装備されており、Google Maps Street View、Gmail、YouTubeなどのモバイルウェブアプリケーションへとアクセスできるようになっている。現在、米国内では、T-Mobileの顧客に対してのみ、T-Mobile G1の専用サイト上で、数量限定にて予約注文が受け付けられている。米国時間10月22日より、2年契約の音声およびデータ通信プランをセットする条件で、179ドルにて小売店での販売が開始される予定である。また、11月には英国で、2009年に入ってからは、欧州全域でも発売される。

 早速だが、T-Mobile G1への搭載機能を紹介しておきたい。Wi-Fi、3G(デュアルバンドのUMTSにも対応)、マルチメディアメッセージング、電子メール(Gmailや、他のPOP3およびIMAPサービスをサポート)、インスタントメッセージング(当然ながらGoogle Talkの選択が可能)、HTMLフルブラウザ、GPS機能、3メガピクセルのカメラ、マルチタスク対応、「Amazon MP3」ストアへのアクセスが可能な音楽プレーヤー、Bluetooth、4バンドのGSM対応などが挙げられる。筆者の私見となるものの、別の非常に魅力的な機能としては、キーボードでタイプ入力するだけで、関連する全情報の検索が行える「コンテキスチャルサーチ」がある。これは、「Helio Ocean」に搭載されている検索機能と非常に似通っており、数文字のタップ入力のみで、連絡先からインターネットに至るまで、あらゆる検索を実行できる。

 Google Mapsに関しては、あたかも街角に立っているかのような路上からの視点で世界各都市のナビゲーションが行えるGoogle Maps Street Viewに対応している。また、電話機本体にはコンパスが内蔵されており、方角を見定めて、電話機を動かしつつ、全360度方向のナビゲーションが実現する。Amazon MP3ストアも、全楽曲がDRMフリーとなっており、T-Mobile G1のヒットサービスとなりそうだ。Wi-Fi接続時には、ダイレクトに楽曲を購入してダウンロードできるようになっている(携帯電話接続時にも、楽曲の検索、試聴、購入までは行える)。シングル楽曲の販売価格は0.89ドルで、アルバムは、5.99ドルから9.99ドルの価格帯にて購入できる。

-PR-企画特集