logo

ボーズ、iPhoneにも対応する新「SoundDock」とホームシアター「3・2・1」に新モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズは9月18日、iPodとiPhone用のスピーカーシステム 「SoundDock Series II digital music system」と、DVDホームエンターテインメントシステムズの新モデル「3・2・1 Series III DVD home entertainment systems」を発表した。

 両製品ともに、ボーズ製品取扱ディーラーおよびボーズ直営店、ボーズ・オンラインストアにて10月15日より予約受付を開始。11月1日より販売を開始する。

 SoundDock Series II digital music systemは、ボーズ初のiPhone対応スピーカーシステム。iPod nano、iPod mini、iPod photo、iPod video、iPod classic、iPod touchなどクリックホイール機能を持つすべてのiPodに対応する。

 奥行き165mmmのスリムボディながら、ボーズ独自の音響設計と信号処理で、リアルで広々とした空間印象を創出するサウンドを再生するとしている。

 付属の赤外線リモコンは新デザインへとリニューアル。再生停止といった基本操作のほか、プレイリスト操作もサポートした。本体背面には新たに外部入力端子を装備し、iPodやiPhone以外のオーディオデバイスとも接続できる。

 本体デザインは併売される「SoundDock Portable digital music system」を継承した独自のフォルムに変更し、サイズもコンパクトにした。カラーはグロスブラックの1色となる。

スピーカーシステム 「SoundDock Series II digital music system」 スピーカーシステム 「SoundDock Series II digital music system」

 3・2・1 Series III DVD home entertainment systemsは、高いサウンドクオリティを持つホームシアターサウンドシステムズ。「3・2・1 GSX Series III system」「3・2・1 GS Series III system」に加え、ボーズ・ファクトリー限定モデルとして「3・2・1 Series III system」の3モデルをラインアップする。

 Dolby DigitalやDTS、ボーズ独自のVideostage5デコーディング回路と連動し、臨場感ある5.1chホームシアターシステムのサウンドパフォーマンスを提供する独自のテクノロジ、TrueSpaceデジタルプロセッシング回路を搭載。DVDビデオをはじめ、CD、CD-R、CD-RW、MP3、AM/FM放送にも対応する。

 3・2・1 GSX Series III systemおよび3・2・1 GS Series III systemには、新たにHDMI端子を装備し、接続するだけで1080pまでの映像フォーマットをアップコンバートできる。

 また、強力な磁力をもつネオジウム・マグネットを使用したGemstoneスピーカーアレイの採用により、映画や音楽を豊かで迫力あるサウンドで再生する。システムはGemstoneスピーカーアレイとAcoustimassモジュール、メディアセンター(DVD/CDプレーヤー・AM/FMチューナー・3系統の外部入力を搭載)で構成され、付属のユニバーサルリモコンでは、システム本体と外部接続機器の操作が可能だ。

 3・2・1 GSX Series III systemには、約200時間分のお気に入りの音楽を自動選曲/再生する技術「uMusic」を搭載した。 uMusicはユーザーの嗜好を学習し、自動で好みの音楽を選曲・再生できる。

 本体カラーは、それぞれグラファイトグレーとシルバーの2色となる。

DVDホームエンターテインメントシステムズ「3・2・1 Series III DVD home entertainment systems」 DVDホームエンターテインメントシステムズ「3・2・1 Series III DVD home entertainment systems」
  • SoundDock Series II digital music system(価格:3万4800円)
  • 3・2・1 GSX Series III system(価格:19万9500円)
  • 3・2・1 GS Series III system(価格:13万6500円)
  • 3・2・1 Series III system(価格:9万9750円)

-PR-企画特集