logo

松下、PLCアダプタに新機種--ノイズフィルター付きで安定通信

エースラッシュ2008年09月17日 19時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は9月17日、ノイズフィルター付電源コードを採用した据え置き型PLCアダプタを、10月25日から発売すると発表した。

 発売されるのは、2台1組のスタートパック「BL-PA510KT」と増設用「BL-PA510」の2種類。従来機種と比較して約31%小型化したコンパクトボディとなったほか、ノイズフィルター付電源コードの採用で設置自由度が向上したという。さらに自社開発の新「HD-PLC」用通信LSIを搭載し、通信速度のアップと省電力性も兼ね備えたとのこと。

 今回の製品発表により、同社のPLCアダプタラインアップは、プラグインコンパクトタイプ2機種、プラグインタイプ3機種、ベーシックタイプ2機種となった。価格はオープンだが、店頭想定価格はBL-PA510KTが1万7000円前後、BL-PA510が1万円前後となっている。

増設用「BL-PA510」とスタートパック「BL-PA510KT」 増設用「BL-PA510」(上)
スタートパック「BL-PA510KT」(下)

-PR-企画特集