logo

トレンドマイクロ、個人情報保護機能などを強化した新版ウイルスバスターを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは総合セキュリティソフトの新バージョン「ウイルスバスター2009」の店頭発売を9月19日より開始する。また、トレンドマイクロ・オンラインショップやダウンロード販売店では、店頭発売に先行して9月10日午後5時より発売を開始している。

 新バージョンでは、安心してインターネットを活用できる環境を提供するため、新たにブラウザ上でキー入力したパスワードを、入力と同時に暗号化する「キー入力暗号化」機能を搭載した。この新機能により、より強力に個人情報漏えいを防ぐことが可能となるとしている。

 また、悪意あるサイトへのアクセスを防止する機能として「リンクフィルタ」機能、「メッセンジャー/WebメールのURL評価」機能を追加した。リンクフィルタ機能は、メールコンテンツに埋め込まれているURLの安全性を同社の技術で評価し、危険なURLが埋め込まれているメールを迷惑メールフォルダに移動する機能。

 メッセンジャー/WebメールのURL評価機能では、インスタントメッセンジャーやウェブメールに記載されたURLの安全性を色別で表示し、フィッシング詐欺対策機能などと連携して危険なウェブサイトへの接続をブロックする。

 このほか、軽快な使用感を提供するためメモリ使用量を45%削減したほか、パソコンを最適な状態に保つ「システムチューナー」、全画面表示でゲームやDVDを楽しんでいるときにポップアップをしない「全画面サイレントモード」も搭載した。

 なお新ラインナップとして、ウイルスバスターのサポート契約期間中、店頭でのショッピングやオンラインショッピング、キャッシングにおいてクレジットカードが不正使用された場合、年間最高100万円を限度に補償が受けられる「支払用カード等不正使用被害保険」と、パソコンやインターネットを利用していてトラブルが発生した時にサポートを電話やメールで何度でも受けられる「PC・インターネット関連サポート」を付帯した「ウイルスバスター2009 + 保険&PCサポート」も発売する。

-PR-企画特集