今度のウイルスバスターは「軽い」--メモリ使用量45%削減の「ウイルスバスター2009」

藤本京子(編集部)2008年09月10日 18時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは9月10日、セキュリティソフトの最新版「ウイルスバスター2009」を発表した。ダウンロード版は同日17時から、パッケージ版は19日より販売開始する。

 ウイルスバスター2009は、「より安全、そして軽快な製品になっている」と、トレンドマイクロ 取締役 日本地域担当の大三川彰彦氏。安全面では、ブラウザ上でキー入力したパスワードを入力と同時に暗号化する機能や、同社の「ウェブレピュテーション技術」で悪意のあるサイトへのアクセスを防止する機能が搭載されている。

 ウェブレピュテーション技術とは、サーバの登録年月日や安全性などの評価基準に基づき、接続先の安全性を評価する技術だ。この技術により、サイトやメッセンジャーのリンクを評価し、安全性を色別で示したり、メールに危険なURLが埋め込まれているメールを迷惑メールフォルダに移動させることが可能となる。

メッセンジャー メッセンジャーで送られたURLを右側で評価している

 また、軽快な使用感を提供するため、メモリ使用量を45%削減したほか、パソコンを最適な状態に保つ「システムチューナー」や、全画面表示でゲームやDVDを楽しんでいる時にポップアップを表示しない「全画面サイレントモード」を搭載した。

 さらに、ウイルスバスター2009からの新サポートサービスとして、サポート契約期間中、店頭でのショッピングおよびオンラインショッピング、キャッシングにおけるクレジットカードの不正使用に対し、年間最高100万円を限度に補償が受けられる「支払用カード等不正使用被害保険」と、PCやインターネットの利用におけるトラブル発生時のサポートを午前9時から午前0時まで電話とメールで何度でも受けられる「ウイルスバスター2009 + 保険&PCサポート」も発売する。

 ウイルスバスター2009は、1年版が5980円(価格はすべてトレンドマイクロオンラインショップの税込み価格)、3年版が1万2800円、6ユーザーパックが9800円、保険&PCサポートつきの1年版が7980円、同3年版が1万6980円、ダウンロード1年版が4980円などとなっている。大三川氏は、「今後1年間で、ウイルスバスターシリーズの新規販売と更新あわせて950万ユーザーを目指す」と述べた。

トレンドマイクロ トレンドマイクロ 取締役 日本地域担当の大三川彰彦氏(左)と、ウイルスバスター2009のテレビCMに登場する仲間リサさん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加