logo

Eコマース市場に再評価のまなざし--消費環境の悪さを逆手に取り成長続ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式市場でEコマース関連銘柄が注目を集めている。景気の減退で国内消費の減速感が強まっており、実店舗は苦戦が続いているが、Eコマースは別。消費環境の悪さを逆手に取った高成長を、株式市場は評価し始めている。

 Eコマース国内首位で「楽天市場」を運営する楽天は、4〜6月のEコマース事業の流通総額が前年同期比22%増の1587億円と好調に推移。件数ベースでも28%増と大きな伸びを記録している。商品別では化粧品や若者向け衣料が好調だった。

 国内の消費は、景気減速下での物価高で購買意欲が減退している。これに対し、一般的にEコマースは店舗費用、それに係わる人件費が掛からないため、実店舗での販売価格より商品価格が割安なケースが多い。収入が増えない中での商品価格高を受け、「より安いものを」との消費行動が、Eコマースの好調を支えているようだ。

-PR-企画特集