logo

次期「Windows 7 Server」はマイナーアップデートであることが判明

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年08月19日 06時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間8月18日、「Windows 7」のサーバ版は、メジャーリリースに位置づけられるのではなく、「Windows Server 2008 R2」の名を冠することになると明らかにした。

 これは驚くべき展開である。なぜならMicrosoftは、過去に「R2」という名称を、製品に加えられる大きな変更ではなく、わずか数点の新機能のみを搭載する製品に付けてきたからだ。

 Microsoftは、Windows Server 2008 R2の詳細を明らかにしようとはしなかったものの、広報担当者は、それがWindows 7のサーバ版になることを認めた。Windows Server 2008 R2のリリースは、2010年頃に予定されていると、Microsoftは述べている。

 この展開は、そもそもWindows 7が、デスクトップ版では、どれほど「Windows Vista」と異なったものになるのかという疑問を呈するものとなる。MicrosoftでWindowsのデスクトップ版の開発を統括するSteven Sinofsky氏は、PC向けのWindows 7が、カーネル構造、ドライバ互換性などで、(Windows Vistaと)大きく異なることはないものの、Windows 7はメジャーリリースに位置づけられると主張している。

 Microsoftは、Windows 7のデスクトップ版には、新しいマルチタッチインターフェースが搭載されることを明らかにしてきたが、その他の機能に関しては、多くを語ってこなかった。

 ZDNetブロガーのMary Jo Foley氏のリポートの後に、MicrosoftはWindows Server 2008 R2などの名称のロードマップを公表した。Foley氏は当初、Microsoftが、マイナーリリースとなるR2をスキップして、次期版ではダイレクトにメジャーリリースへと移行すると伝えていた。しかしながら、Microsoftは、Windows 7のサーバ版が、マイナーリリースに位置づけられることは間違いないと確証したのだ。

 サーバのロードマップを示すページ上で、Microsoftは、マイナーリリース(アップデートリリース)に関して、次のように記している。

 アップデートリリースは、以前のメジャーリリースに、最新のサービスパック、選りすぐりのフィーチャーパック、新機能などが統合される。このアップデートリリースは、以前のメジャーリリースをベースとしているため、典型的なサービスパックの導入に求められるようなテスト作業以外に、特別な検証が必要となることはなく、顧客は難なく採用に踏み切ることができる。何らかの新機能が、アップデートリリースにて追加で提供される場合も、オプションでの提供に限られ、アプリケーション互換性に影響を及ぼしたり、アプリケーションの再検証などが求められたりすることはない。

 ここで争点となるのは、「Windows 7 Server」が、サービスパック以上の検証を必要としないのであれば、数々の批判にさらされてきたWindows Vistaに大きく改良を加えるのに足る新機能を、本当にデスクトップ版のWindows 7で実現したりできるのであろうかというポイントである。

 Microsoftが、サーバ版とクライアント版を、どのように位置づけようとしているのか、理解に苦しむと感じているならば、それは珍しくもないことだ。筆者は、Microsoftのサーバ開発チームから、さらなる詳細を聞き出そうと努めてみたものの、あまり成果は得られなかった。Windowsのデスクトップ開発チームにも、どのような回答が得られることになるのか、少し当たってみたいと考えている。

 Microsoftは、ロサンゼルスで10月後半に開催予定のProfessional Developers Conference(PDC)にて、Windows 7の技術的な詳細を明らかにする計画であると語っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集