フォトレポート:飛行機の祭典--米国最大、オシュコッシュ航空ショー

文:Andy Smith(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年08月20日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 航空業界にとって厳しい年であるにもかかわらず、EAA AirVenture Oshkosh 2008の主催者は、これまでで最も多い航空機が参加し、予想を上回る観衆が集まったと報告した。1日24時間、1週間に渡って開催されるこのショーは、米国最大の毎年恒例の航空ショーだ。

 米空軍は米国時間7月31日、「Lockheed Martin F-22A Raptor」をウィスコンシン州オシュコッシュに再び送り込んだ。ステルステクノロジを搭載したRaptorは、垂直飛行が可能で、時速80マイル(約128.7km)から1400マイル(約2253km)以上の速度で飛行できる。
Scroll Right Scroll Left

 航空業界にとって厳しい年であるにもかかわらず、EAA AirVenture Oshkosh 2008の主催者は、これまでで最も多い航空機が参加し、予想を上回る観衆が集まったと報告した。1日24時間、1週間に渡って開催されるこのショーは、米国最大の毎年恒例の航空ショーだ。

 米空軍は米国時間7月31日、「Lockheed Martin F-22A Raptor」をウィスコンシン州オシュコッシュに再び送り込んだ。ステルステクノロジを搭載したRaptorは、垂直飛行が可能で、時速80マイル(約128.7km)から1400マイル(約2253km)以上の速度で飛行できる。

提供:EAA Air Venture/DeKevin Thornton

 航空業界にとって厳しい年であるにもかかわらず、EAA AirVenture Oshkosh 2008の主催者は、これまでで最も多い航空機が参加し、予想を上回る観衆が集まったと報告した。1日24時間、1週間に渡って開催されるこのショーは、米国最大の毎年恒例の航空ショーだ。  米空軍は米国時間7月31日、「Lockheed Martin F-22A Raptor」をウィスコンシン州オシュコッシュに再び送り込んだ。ステルステクノロジを搭載したRaptorは、垂直飛行が可能で、時速80マイル(約128.7km)から1400マイル(約2253km)以上の速度で飛行できる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加