富士フイルム、Wナビ機能を搭載した「FinePix F60fd」

加納恵(編集部)2008年08月12日 18時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは8月12日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix F60fd」を発表した。「顔キレイナビ」に加え、新「シーンぴったりナビ」を備えたWナビ機能を搭載する。発売は8月23日より。価格はオープンだが、店頭想定価格は3万7000円前後の見込みだ。

 顔キレイナビに加え、シーンぴったりナビを備えたWナビ機能で、フルオート撮影できることが特徴だという。シーンぴったりナビは、「人物」「風景」「夜景」「マクロ」と4つのシーンをカメラ側が判断することで、夜景ならば手ブレを抑える、マクロならば被写体にピントを合わせるといった操作がオートで可能。失敗の少ない高画質撮影をサポートする。

 また顔キレイナビは、横、斜め、上下逆向きといった顔でも検出できるようになった。ピント、露出、ホワイトバランスも最適化した撮影が行える。

 撮像素子には、1200万画素のスーパーCCDハニカムVII HRを搭載。マニュアルモード、A/Sモードに設定すれば、ISO3200(600万画素)、ISO6400(300万画素)の超高感度撮影もできる。

 内蔵25Mバイトメモリーのほか、xD-ピクチャーカード、SD/SDHCカードへの撮影が行える。本体には3インチの液晶モニタを搭載し、日付ごとに記録画像を確認できる「日付別再生」や100コマの画像を一覧表示できる「マイクロサムネイル」機能など、検索性も備えた。

 本体サイズは、高さ59.2mm×幅92.5mm×奥行き22.9mm、重量は約182gで光学3倍ズームを内蔵する。カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色展開となる。

「FinePix F60fd」 「FinePix F60fd」

※お詫びと訂正:記事中において社名に誤りがございましたので、訂正いたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加