仮想デスクトップ「StartForce」、日本版ベータトライアルのサービス提供を終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フュージョン・ネットワークサービスは8月6日、同社が日本で提供してきた「StartForce(スタートフォース)」日本版ベータトライアルサービスについて、8月29日をもってサービスの提供を終了すると発表した。

 スタートフォースは、Ajax技術を使用した「ウェブ上のデスクトップ」として、デスクトップデザインやスタートメニューなど、ウェブ上の作業環境を構築するプラットフォームだ。アプリケーションと各種ファイル共有機能を搭載し、2006年5月にアルファ版、11月にベータ版を公開した。

 なお、サービスの終了後もStartForceのコンシューマ向けサービス利用を希望するユーザーは、StartForceが運営する新規登録サイトにて登録することで利用が可能となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加