logo

フォトレポート:レッシグ、角川、初音ミク--著作権関係者が一堂に介した「iSummit '08」 - 13/18

永井美智子(編集部)2008年08月11日 18時57分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 南カリフォルニア大学アネンバーグ校付属シンクタンク「ノーマン・リア・センター」の研究員リーダーを務めるJohanna Blakley(ジョアンナ・ブレーカリー)氏は、デザインには著作権がなく、ファッション業界ではコピーが一般的に行われているとした上で、「知的財産(IP)に対する保護がないにもかかわらず、ファッションは大きな産業になっている」と指摘。コピーが人々の創作活動を加速している一方、「名声ベースの業界のため、コピーしないことへのインセンティブが存在する」として、コピー作品とオリジナル作品の共存が可能だとの見方を示した。

 南カリフォルニア大学アネンバーグ校付属シンクタンク「ノーマン・リア・センター」の研究員リーダーを務めるJohanna Blakley(ジョアンナ・ブレーカリー)氏は、デザインには著作権がなく、ファッション業界ではコピーが一般的に行われているとした上で、「知的財産(IP)に対する保護がないにもかかわらず、ファッションは大きな産業になっている」と指摘。コピーが人々の創作活動を加速している一方、「名声ベースの業界のため、コピーしないことへのインセンティブが存在する」として、コピー作品とオリジナル作品の共存が可能だとの見方を示した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]