logo

Xactiを200万台規模へ--三洋電機、2010年度までのデジタル製品生産拡大を発表

加納恵(編集部)2008年08月01日 18時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は8月1日、2008年度から2010年度までの中期経営計画に基づき、生産台数の大幅拡大を発表した。生産増により、デジカメ、プロジェクターなどを含むデジタル事業では、2010年度までに売上げ金額で2007年度(実績:約5300億円)比20%以上の伸長を目指す。

 大幅な生産増を発表したデジタルカメラでは、2007年度の実績で1500万台のデジタルカメラ生産台数を、2010年度に2000万台まで拡大するとした。

 そのうち自社ブランドであるデジタルムービーカメラ「Xacti」は、2007年度42万台であった生産台数を200万台にまで引き上げる計画だという。

 Xactiは、自社製の画像処理エンジンを採用しているほか、小型化、防水化など、独創性の高い製品開発を行ってきた製品ジャンル。同社では、こうした強みをいかし、デジタルカメラのOEM製品の拡大とともに、ムービーのOEM受注もスタートすることで、シェアを拡大する方針だ。

 一方、高輝度化やワイヤレス、短焦点技術など、世界初の技術を数々取り入れてきたプロジェクター商品では、2007年度実績である40万台から2010年度に年間生産台数を70万台へと増産することを掲げ、大型プロジェクター市場のトップシェアを維持するとした。

 用途別としては、教育用や電子広告分野であるデジタルサイネージでの販売をグローグローバルに進めて行くとしている。

-PR-企画特集