logo

フォトレポート:戦闘機から無人航空機まで--ファーンバラ航空ショー - 5/16

文:Jonathan Skillings(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月31日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大手航空機メーカーのBoeingは、ヨーロッパのEADSとその米国パートナーNorthrop Grummanと、どちらが米国空軍に次世代の空中給油機を供給するか競っている。Boeingは、米国会計検査院が最初の競争で手続き上の誤りがあったと発表した後、最近再開されるまで、契約を獲得できなかったと思われていた。

 ファーンバラ航空ショーでは、両陣営とも、どちらの候補の方がより優れているか主張した。Boeingの新型機である「KC-767」は同社の「767」民間旅客機がベースで、EADSとNorthropの「KC-45」は「Airbus A330」がベースになっている。この写真では、2機のBoeing KC-767がテスト飛行をしている。2008年初め、Boeingは2機のKC-767を日本の航空自衛隊に納入したと述べた。

 大手航空機メーカーのBoeingは、ヨーロッパのEADSとその米国パートナーNorthrop Grummanと、どちらが米国空軍に次世代の空中給油機を供給するか競っている。Boeingは、米国会計検査院が最初の競争で手続き上の誤りがあったと発表した後、最近再開されるまで、契約を獲得できなかったと思われていた。

 ファーンバラ航空ショーでは、両陣営とも、どちらの候補の方がより優れているか主張した。Boeingの新型機である「KC-767」は同社の「767」民間旅客機がベースで、EADSとNorthropの「KC-45」は「Airbus A330」がベースになっている。この写真では、2機のBoeing KC-767がテスト飛行をしている。2008年初め、Boeingは2機のKC-767を日本の航空自衛隊に納入したと述べた。

提供:Boeing photo/Ted Whiteside

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]