logo

フォトレポート:戦闘機から無人航空機まで--ファーンバラ航空ショー - 14/16

文:Jonathan Skillings(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月31日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この従来にはない回転翼航空機はBell/Agustaの「BA609」。ファーンバラ航空ショーで初披露された。米国空軍で採用されている「Osprey」と同様、BA609はティルトローター機だ。この写真のように、プロペラアセンブリを上に向けて垂直飛行したり、前方に回転させて、従来の飛行機よりも高速で飛行したりすることができる。ファーンバラ航空ショーにイタリアからやってきたBA609の2番目の試作機も、同ショーでその能力を披露した。同社によれば、最初の2基の試作機は、合わせて300時間以上飛行しており、高度2万5000フィート(約7620m)、310ノットまでの飛行が実証されているという。

 この従来にはない回転翼航空機はBell/Agustaの「BA609」。ファーンバラ航空ショーで初披露された。米国空軍で採用されている「Osprey」と同様、BA609はティルトローター機だ。この写真のように、プロペラアセンブリを上に向けて垂直飛行したり、前方に回転させて、従来の飛行機よりも高速で飛行したりすることができる。ファーンバラ航空ショーにイタリアからやってきたBA609の2番目の試作機も、同ショーでその能力を披露した。同社によれば、最初の2基の試作機は、合わせて300時間以上飛行しており、高度2万5000フィート(約7620m)、310ノットまでの飛行が実証されているという。

提供:Bell/Agusta

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]