logo

フォトレポート:戦闘機から無人航空機まで--ファーンバラ航空ショー - 3/16

文:Jonathan Skillings(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月31日 07時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2008年のハイライトの1つは、米国空軍の「F-22 Raptor」が実際に少しだけ飛行したことだ。Lockheed Martin製の同戦闘機には武器が完備されているが、レーダーに捕獲されにくいようにすべての武器が流線型の機体に収納され、かなりのステルス設計になっている。

 F-22 Raptorは高速だ。最高速度は時速1140マイル(約1834km)、すなわちマッハ1.72に達する。また、燃費がよく、アフターバーナーに点火せずに、超音速(「スーパークルーズ」)で飛行できる。

 2008年のハイライトの1つは、米国空軍の「F-22 Raptor」が実際に少しだけ飛行したことだ。Lockheed Martin製の同戦闘機には武器が完備されているが、レーダーに捕獲されにくいようにすべての武器が流線型の機体に収納され、かなりのステルス設計になっている。

 F-22 Raptorは高速だ。最高速度は時速1140マイル(約1834km)、すなわちマッハ1.72に達する。また、燃費がよく、アフターバーナーに点火せずに、超音速(「スーパークルーズ」)で飛行できる。

提供:AFP photo/Carl de Souza

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]