logo

マイクロソフト、オープンソースのApacheに資金提供 - (page 3)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、高森郁哉2008年07月28日 10時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apacheのリベラルなライセンス

 第2に、ASFのプロジェクトを管理する「Apache License」の存在がある。Microsoftによるオープンソースソフトウェアへの攻撃の多くは、互恵主義をとる「General Public License」に向けられている。GPLプロジェクトに変更が加えられると、変更を含んだソフトウェアが配布され、GPLの下で変更点を共有しなければならない。

 だがApache Licenseでは、共有する義務なしでプログラマーがソフトウェアを取り上げ、プロプライエタリなソフトウェアと自由に組み合わせることができる。この例として、IBMが自社のプロプラエタリな「WebSphere」製品にApacheウェブサーバソフトウェアを組み合わせていることが挙げられる。

 これはMicrosoftにとって、Apacheプロジェクトが同社の内部で利用できることを意味している。そして、利益につながり得る部分もあるのだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]