デジタル一眼大激戦、ニコンが08年上半期トップ獲得もその差わずか0.1%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 06年に松下電器産業やソニーが新規参入し、活性化しているデジタル一眼レフカメラ市場。最近では初心者向けモデルも充実しはじめ、ユーザーの裾野が広がってきた。注目度の高いこの市場で、08年上期(1-6月)の販売台数シェアトップを獲得したメーカーはニコンだった。

 ●0.1ポイントの僅差で08年前半戦はニコンに軍配

 08年1-6月の上半期、デジタル一眼レフカメラのメーカー別販売台数シェアは、ニコンが40.7%で1位。40.6%の2位キヤノンを僅差でかわした。07年の年間メーカー別販売台数シェアでは、ニコンがキヤノンと3.8%差で首位に輝いたが、首位争いは激しさを増している。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加