NYタイムズ紙がLinkedInと提携--SNS会員に記事と広告をターゲティング配信

文:Margaret Kane(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉2008年07月23日 12時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The New York Times紙は米国時間7月22日、ソーシャルネットワークサービス(SNS)のLinkedInと提携し、同SNSの会員にターゲットを絞ったニュースの見出しを提供すると発表した。

 たとえば、エネルギー関連業界で働いているLinkedInのユーザーには、その分野に関連した記事が表示される。

 また、同紙の読者もNYTimes.comの記事ページ上にあるツールを用いて、LinkedInのネットワーク内で会員とニュースを共有したり、コメントを投稿したりすることができる。

 さらにこの提携によって、広告主は「現在NYTimes.comの登録手続きを通じて到達可能な読者よりも、さらに多くの読者に」ターゲティング広告を配信できるようになると、両社は述べた。ただし、ターゲティングの仕組みについては、詳細を明かさなかった。

 両社とも、ユーザーの身元が分かるような情報は共有せず、消費者が希望すればこのサービスを拒否できるオプトアウト方式を採用すると述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加