レノボ・ジャパンに新たなThinkPadファミリー、SLとWをラインアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは7月16日、中小規模企業・SOHO向けの「ThinkPad SLシリーズ」と、モバイル・ワークステーション「ThinkPad Wシリーズ」をラインアップした。ThinkPad SLシリーズ2機種は同日より、ThinkPad Wシリーズ1機種は8月6日より販売を開始する。

 ThinkPad SLシリーズは、Lenovo3000シリーズの後継機にあたる。今回発表されたのは、14インチ・ワイド型「ThinkPad SL400」と15インチ・ワイド型「ThinkPad SL500」の2機種。スタイリッシュなデザインを追及し、黒く光沢のあるトップカバーを実装した。

 煩雑なネットワークの接続設定やメンテナンス作業を軽減したり、PCのトラブルを迅速に解決したりするLenovo Careソフトウェアと、ハードディスクを保護するアクティブ・プロテクション・システムを搭載、バッテリライフも延長するなど、ThinkPadブランドの堅牢性や信頼性、耐久性とパフォーマンスのバランスのよさをすべて踏襲した。指紋センサー機能モデルも選択できる。

 価格は、ThinkPad SL400が13万6500円より、ThinkPad SL500が14万1750円より。

15インチ・ワイド型「ThinkPad SL500」(左)<br />14インチ・ワイド型「ThinkPad SL400」(右)
15インチ・ワイド型「ThinkPad SL500」(左)
14インチ・ワイド型「ThinkPad SL400」(右)

 ThinkPad Wシリーズは、モバイル・ワークステーション「ThinkPad T61p」の後継機にあたる。高性能のグラフィックスを搭載するなど、ThinkPadでは技術的な先進性を訴求するシリーズで、今回は15インチ・ワイド型「ThinkPad W500」の1機種を発表した。

 液晶モニターにWUXGA(1920×1280)ディスプレイを搭載し、さらに外付けモニターでの高解像度表示を可能とするディスプレイ・ポートを搭載した。専用/内蔵グラフィックモードをマニュアルで切り替えられ、効率的なバッテリの使用を実現する。バッテリライフも延長した。最新のふくろう羽ファン構造を採用した空冷方法により、表面温度を低く保持しファンノイズを削減した。

 ワイヤレス機能では、ワイヤレスLAN(MIMO)やWiMAX、ワイヤレスUSBなど幅広い規格をサポート。高速で省電力かつ衝撃に強くて軽量なSSD搭載モデルと、Blu-ray搭載モデルも選択できる。価格は36万円前後の予定。

「ThinkPad Wシリーズ」 「ThinkPad Wシリーズ」

 また、ThinkPadの主力シリーズとして、インテルの最新テクノロジ インテル Centrino 2 プロセッサ・テクノロジを搭載した新しいノートPC5機種を発表。8月6日より販売を開始する。

 新モデルが発表されたのは、業務向けスタンダードPC「ThinkPad R400」および「ThinkPad R500」、薄型・軽量ハイパフォーマンスPC「ThinkPad T400」および「ThinkPad T500」、薄型・軽量・B5版パフォーマンス・モバイル「ThinkPad X200」の5機種。

 ソリッド・ステート・ドライブやLEDバックライト・ディスプレイなど、数多くの最先端技術を採用した。さらにバッテリの延長や省電力、低温・静音を追及し、環境に配慮した製品とした。

 価格は、ThinkPad R400が18万円前後、ThinkPad R500は15万円前後、ThinkPad T400は28万円前後、ThinkPad T500は34万円前後、ThinkPad X200は22万円前後の見込みだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加