logo

ネット上の違法・有害情報対策の推進プログラムを総務省が策定へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット上の違法・有害情報対策を推進するためのプログラム「安心ネットづくり促進プログラム」を総務省が年内にも策定する。増田寛也総務大臣が7月15日に開いた記者会見で明らかにした。

 同プログラムは、違法・有害情報対策の包括的政策パッケージという位置づけで、違法情報を削除したことで訴えられた場合に損害賠償範囲の制限がどうあるべきかの検討や、親子のICTメディア・リテラシー向上支援などが盛り込まれる。

 具体的には総務省の「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」で7月17日から検討を開始。年内にプログラムを策定し、プログラムに沿った施策を実行していく。

-PR-企画特集