アイソニック、目の前に37型の画面を体感できるサングラス型ディスプレイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイソニック(橋本三七治代表)は7月8日、サングラス型のヘッドマウントディスプレイ「Crystal 701」と「Shades 301」を発売した。オンラインショップ価格は「Crystal 701」が4万4800円、「Shades 301」が3万4800円。

 ヘッドマウントディスプレイ(HMD)とは、頭部に装着する映像装置。2モデルともiPod用プライベートシアター「myvu for Video iPod(C4-MV1)」の第2世代機種で、従来製品と比較して、薄型、軽量化を実現した。

 「Crystal 701」はVGA搭載の高画質プライべートシアター。カラーはAmberとBlackの2種類。体感で、2m先に37インチ相当の画面が見えるという。ディスプレイユニットは82g。一方、「Shades 301」はディスプレイユニットが72gと、世界最軽量。装着によって2m先に27インチの画面が体感できる。

 2機種とも、iPhone、iPod classic、iPod touch、iPod nano、第4世代iPod、第5世代Video iPodに対応する「iPod Edition」と、第5世代Video iPod、各種ポータブルDVDプレイヤー、ビデオカメラ、レコーダーに対応する「Universal Edition」の2タイプを用意する。

アイソニック=http://www.isonic.co.jp/
「Crystal 701」=http://www.isonic.co.jp/C4-MV3.html
「Shades 301」=http://www.isonic.co.jp/C4-MV2.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加