logo

日本HP、最大3.25テラバイトのHDDを搭載できるハイエンドデスクトップPC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは7月9日、個人向けPC「HP Pavilion Desktop PCシリーズ」のハイエンドモデル「HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CT」と、22インチワイドおよび24インチワイドの液晶モニター2機種を発表した。

 同社のオンラインストア「HP Directplus」とHP Directplusコールセンター、常設展示スペースHP Directplus Station、HP Directpartnerにて販売される。発売はm9380jp/CTはCTOモデルとして7月22日より、モニター2機種は7月9日より。価格は、m9380jp/CTが最小構成で7万9800円より、22インチワイド液晶モニターが3万9900円、24インチワイド液晶モニターが5万9850円となる。

 m9380jp/CTは、HP Pavilion Desktop PCシリーズにおいて、新たにラインアップされた最上位機種。4つのコアの並行動作によって高いパフォーマンスが得られるインテルのクアッドコアプロセッサ「Core 2 Quad」と、グラフィックスにNVIDIAの最新GPU「GeForce 9シリーズ」を標準搭載した。

「HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CT」 「HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CT」

 ハードディスク(HDD)には最大1テラバイトのSerial ATA HDDを2台内蔵できるほか、簡単に脱可能な最大1テラバイトの大容量HDD「HPパーソナル・メディア・ドライブ」と、最大250Gバイトのコンパクトな「HPポケット・メディア・ドライブ」(約205g)の2種類のポータブルHDDドライブベイを備えた。いずれもUSB2.0で接続できる。

 HDDの合計容量は最大3.25テラバイトとなり、地上デジタル放送のHD画質で最大400時間以上の録画が可能なほか、簡単にHDDやポータブルHDDにバックアップができる「HP Easy backupボタン」も備える。

 また、個人向けPCとしてはHP初となるRAID構成にも対応し、2台のSerial ATA HDDに並行して読み書きすることによって理論上2倍のアクセス速度を実現するRAID 0や、2台のHDDに同じデータを記録することによってデータの安全性を高めるRAID 1を注文時に指定できる。設定済みの状態で出荷するため、RAID BIOSの設定作業は不要だ。

 カスタマイズオプションとして、本体内蔵タイプのダブル地上デジタルテレビチューナーを用意。これは専用に開発されたピクセラ製チューナーで、裏番組録画や2番組同時録画に対応するとともに、ダビング10もサポートし、「観る、録る、残す」とすべての機能を強化している。m9380jp/CTを皮切りに、日本HPでは個人向けデスクトップPCにおける地デジ対応を積極的に推進していく予定だ。

 筐体はピアノブラックを基調とし、中央部に「HP Imprint」による砂紋パターンをあしらったほか、電源を入れるとHPのロゴマークが白く光るなど、高級感のあるデザインでまとめた。天板部には周辺機器を安定して設置できる「ユニバーサルトレイ」、後部にはケーブル類を束ねて整理できる「ケーブルマネジメント機能」を装備するなど、機能美も追求した。

 また、フロントパネルには「HPバタフライドア」を採用し、光学ドライブが2基搭載できる5.25インチベイや15in1メディアスロット、2種類のリムーバブルHDDスロット、IEEE1394、USB2.0、オーディオ入出力などのインターフェースを収納する。

 なお、ゲーム用途を重視するユーザー向けに、「ファイナルファンタジー XI for Windows」推奨認定モデルも用意した。スクウェア・エニックスの認定を受け、最適な環境で使用できるスペックとした。価格は12万9990円より。ゲームプログラムは別途購入が必要となる。

 22インチワイド液晶モニター「HP w2228h」および24インチワイド液晶モニター「HP w2448hc」は、いずれも「HP 輝点ゼロ保証サービス」に対応する。応答速度も速まったほか、入出力端子として従来のVGA(D-sub)とHDMIに加え、DVI-D端子を新たに備えた。また、w2448hcにはWebカメラを標準搭載している。

24インチワイドおよび22インチワイドの液晶モニター (左)24インチワイド液晶モニター「HP w2448hc」
(右)22インチワイド液晶モニター「HP w2228h」

-PR-企画特集