IIJ、固定IPアドレス対応の高速モバイルデータ通信サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は7月3日、法人向けの高速モバイルデータ通信サービス「IIJモバイル」の新品目として、固定IPアドレスに対応した「IIJモバイルサービス/タイプDS」を、8月末から提供開始すると発表した。

 IIJモバイルは、MVNO(仮想移動体通信事業者)方式で提供する、法人向けの高速モバイルデータ通信サービス。これまで、NTTドコモのFOMA網を利用した「タイプD」と、イー・モバイルを利用した「タイプE」を提供しており、両サービスともにグローバルIPアドレスを動的に割り当てていた。

 今回のIIJモバイルサービス/タイプDSでは、NTTドコモのFOMA網を利用して、回線ごとにグローバルIPアドレスを1つ固定的に割り当てる。

 モバイル回線上で固定グローバルIPアドレスを利用できるため、ルータなどの通信機器と同サービスを組み合わせて、専用線やADSLなどの固定回線と同様のVPNが構築できるなど、動的グローバルIPアドレスでの利用に比べ、より高度で柔軟な利用が可能になるとしている。

 利用料金は、ISP料金込みで、1回線ごとに、初期費用が1万円、月額費用が1万8000円となっている。また、端末レンタル料金が別途かかる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加