logo

グーグル、アフィリエイト広告事業を自社ブランドで開始--ダブルクリック資産を改称

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉2008年07月02日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JotSpotは「Google Sites」になり、Writelyは「Google Docs」になった。「Picasa」も「Google Photos」に名前を変えるかもしれない。そして、2008年7月第1週には、Googleが31億ドルで買収した広告会社DoubleClickの資産、「Performics」アフィリエイト広告ネットワークが「Google Affiliate Network」となっている。ただし、同ネットワークの仕組みは以前と同じだ。広告がクリックされただけではコミッション料は発生せず、リンク先で商品が購入されてはじめて、パブリッシャーはコミッション料を得られる。

 米国時間6月30日付けのTechCrunchの記事によれば、Google Affiliate Networkは、Target、Verizon、Barnes & Nobleといった大手企業の広告主を獲得しているという。

 1998年ごろから検索広告を手がけてきた新興企業のPerformicsは2004年、DoubleClickに5800万ドルで買収された。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集