ニコン「D700」は大型CMOSセンサ搭載のデジタル一眼--スピードライトも同時発売

エースラッシュ2008年07月01日 21時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは7月1日、小型軽量ながら1210万画素の大型CMOSセンサを搭載したデジタル一眼レフカメラ「ニコンD700」とスピードライト「SB-900」を、7月25日より発売すると発表した。

 D700は、従来モデル「D3」と同じ撮像サイズ36.0mm×23.9mmの大型CMOSセンサを搭載した「ニコンFXフォーマット」対応のデジタル一眼レフカメラだ。有効画素数は1210万画素で、小型軽量設計ながらISO200〜6400の広い常用感度や秒間約5コマの連続撮影を実現。別売のマルチパワーバッテリパック「MB-D10」を使用すれば秒間約8コマの高速連続撮影も可能になる。

デジタル一眼レフカメラ「ニコンD700」 デジタル一眼レフカメラ「ニコンD700」

 起動時間は約0.12秒で、レリーズタイムラグは約0.04秒。機能面では、1005分割RGBセンサを利用した「シーン認識システム」、画作りの選択や調整が簡単な「ピクチャーコントロールシステム」、白とびや黒つぶれを抑える「アクティブD-ライティング」、高密度51ポイントAF採用のAFシステムなどを備える。

 2種類のライブビュー機能に対応するほか、ゴミや埃を除去する「インテグレーテッドダストリダクションシステム」、カメラの左右の傾きを検出するデジタル水準器も装備する。なお、「AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)」をセットにした「D700 レンズキット」もラインアップ。店頭想定価格はD700本体が33万円前後、D700レンズキットが40万円強になるという。

 さらに、D700と同時にニコンスピードライト「SB-900」も発売される。こちらは「SB-800」の後継機で「ニコン クリエイティブライティング システム(CLS)」を搭載。D3、D700、「D300」などと組み合わせれば、i-TTL調光モード撮影やワイヤレス増灯撮影などが可能だ。

 そのほか、照射角が使用レンズの焦点距離に連動するオートパワーズーム機能、撮影目的に合わせて3種類から選択できる配光タイプ切り替え機能、世界初となるカメラ本体からのファームウェアアップデート機能、撮像範囲に連動して配光画角が切り替わるFX/DX切り替え機能なども搭載している。希望小売価格は6万5000円だ。

スピードライト「SB-900」 スピードライト「SB-900」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加