logo

B・ゲイツ氏、MS常任会長退任インタビュー--創業期から今後まで(後編)

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月01日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前編より続く

--もし21歳のあなたが現状を見ることができたら、最も驚くのは何だと思いますか。あなたは常に野心を抱いていたように思えるので。

 きっと、すべての机、すべての家庭にコンピュータがあることでしょう。かつて、水平ソフトウェアに取り組んだ際、ソフトウェアを作成する開発者が1000人必要だと見積もったことがありました。もし、21歳のわたしをこの場所に連れて来たら、これらのオフィスやこの無駄な空間を見てきっとこう言うでしょう。これらの人たちは何をしているのか。どうやって(これらすべての)資金をまかなっているのか。定期往復バスだって。よしてくれよ。いったい誰がこれらの植え込みやら何やらのお金を支払っているのか。君たちはおかしい。人が多すぎるし、コスト構造は驚きだ。オフィスには椅子が2脚か1脚あれば十分だ。

 21歳のわたしがこのオフィスに来て、わたし自身に会ったら、まだすべてのコードに目を通しているのか聞くことでしょう。ここにいる人たちは実にひどいコードを世に送り出すかもしれない。君が今でも目を通していることを願っている。すると、わたしはこう言うでしょう。冗談だろう。わたしが誰かのリストを家に持ち帰って目を通したのは、もう10年も前のことだ。すると彼は聞くでしょう。それなら、どうやって質を維持するのか。

 Microsoft Researchに足を運び、人々がビジョン、音声、機械の学習能力、ソフトウェア証明に終日取り組んでいるのを見て、21歳のわたしは夢中になることでしょう。初期のMicrosoftは、知的基盤にお返しをすることはできませんでした。私たちは大学、Xeroxが作り上げてきた基盤を活用し、Apple、PC業界全体と同様、すばらしい方法で利用しました。

 今、私たちはとても大きい存在です。実際、大学を除けば、おそらく最も大きいコンピュータサイエンスの研究機関です。私たちはNo.1の評価を受けています。私たちは最も多くの論文を所有しています。

 21歳のわたしは、研究グループに参加してメンバーを手伝ったり、人に肯定的な評価、否定的な評価を与え、バランスをとり、人について考えたりしなければならない会長としての役割を学んだりなど、今のような規模、成功がもたらすさまざまな大変なことに畏敬の念を抱き、複雑な思いを抱くことでしょう。タイムワープをすると、コードに目を通していないあなたはわたしではないというように、つながりがないような感じを抱き、ややこしいことになるでしょう。

--あなたの次の役割で個人的に重要になるテクノロジについて考えはありますか。

 そうですね、ワクチンの作り方を教えてくれる科学であることから、免疫学はとても重要だと思います。ワクチンによって免疫システムは病気を防ぐことができるようになります。財団最大のプログラムである世界全体の健康において、私たちが期待している大きな奇跡が、マラリアワクチン、結核ワクチン、AIDSワクチン、肺炎ワクチン、さまざまな下痢のワクチンといったワクチンです。

 教育について言えば、教師が自身を向上し、互いに学び合う方法、力のある教師とはどんな教師か、教師に成功事例を受け入れさせるにはどうすればいいか、非常に複雑な領域ですが、たくさんのことを学びたいと思っています。特に、大学や、コミュニティカレッジまでであれば、オンラインビデオはある程度、教育の分野で役割を果たすことができるでしょう。

-PR-企画特集