ALBERT、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズなどを割当先とする第三者割当増資を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ALBERTは6月25日、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ、IVP Incubator, L.P(インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ・インク)が運用するファンド、三生キャピタルを割当先とした、第三者割当増資の実施を発表した。

 ALBERTは、2005年7月にニッセンがインタースコープ(当時。現:ヤフーバリューインサイト)に出資して設立された。レコメンドエンジン「Bull's eye」やあいまい検索「ファジィスペックサーチ」をはじめ、画像の見た目で商品を検索する「イメージセレクトサーチ」などのEC向けの検索サービスをECサイトやメーカーダイレクトサイトに提供する。

 そのほかBtoC向けには、レコメンドエンジンや感性検索を用いたショッピングポータルサイト「見つかる.jp」を運営している。

 今回の増資により、同社は総額8400万円を調達。増資後の資本金は3億1400万円となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加