logo

ソニー、「ハンディカム」にスマイルシャッターを初搭載--顔検出機能を強化

加納恵(編集部)2008年06月19日 16時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月19日、デジタルビデオカメラ「ハンディカム」シリーズに、スマイルシャッター機能を内蔵した「HDR-CX12」(CX12)を発表した。発売は7月20日より。価格はオープンだが、店頭想定売価は13万円前後となる見込みだ。

 CX12は、記録メディアにメモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオを採用したコンパクトハイビジョンモデル。1920×1080ドットのフルハイビジョン記録までをサポートしたほか、最大1020万画素の静止画撮影など、撮影スペックを向上させた。

 本体には、同社のデジタルカメラ「Cyber-shot」でおなじみの「スマイルシャッター」機能をビデオカメラとして初搭載。動画撮影中の静止画同時撮影時に、最大760万画素相当の笑顔の写真を自動的に保存することができる。

 笑顔の感知レベルは「低:大笑い状態で感知」「中:普通の笑顔で感知」「高:頬笑程度で感知」と3段階用意されており、任意に設定することが可能。「子ども」「大人」を自動判別する「優先被写体設定」機能も備えているため、とりたい笑顔の人物を指定できる。Cyber-shotのスマイルシャッターでは最大6枚までという制限が設けられているが、ハンディカムでは記録枚数に制限はない。

 付属ソフトの「Picture Motion Browser」にも「顔検索機能」を装備し、顔のある画像だけの検出や似た顔を自動識別するなど、映像検索性能を高めているという。

 本体サイズは、高さ67mm×幅69mm×奥行き129mmで重量は約450g(標準バッテリ使用時)。付属の充電池で約50分の撮影ができる。付属バッテリ、ソフトのほか、8GバイトのメモリースティックPROデュオを同梱する。

「ハンディカム HDR-CX12」 「ハンディカム HDR-CX12」
「LCS-CXA」 「LCS-CXA」

 また、別売アクセサリーとしてソフトキャリングケース「LCS-CXA」も同時発売される。カメラのレンズケースのように本体上部にフタが取り付けられており、片手で取り出せるアクティブジャケットがコンセプト。ウェストバック、ショルダーのどちらでも使用できる2ウェイタイプとなる。価格は4935円。

-PR-企画特集